HOME>トピックス>現地での滞在期間にあわせて適切な対応をすることが必要

目次

90日以内の滞在の場合

小物

商談や契約の締結などの目的で海外へ行く場合、必ずビザが必要だと考えていませんか。実は香港にビジネスで行く場合、短期間であれば就労ビザは必要ありません。具体的には香港に90日以内の滞在という場合には、就労ビザがなくても滞在中の商談や契約の締結なども可能です。例えば香港での起業を検討していて、準備のために何度も訪れるという方もいるでしょう。香港にいる期間が短いのであれば、行くたびに就労ビザを取得しなくてもビジネスの商談や契約の締結などを実施することもできます。

種類を把握して対応することが大切

パネル操作

ビジネス目的で香港に90日以上滞在する場合には、どのような就労ビザが必要になるのでしょうか。実際に申請できるビザには、就労や短期就労さらには投資などの種類があげられます。駐在で赴任し香港で就労する場合には、就労ビザを取得することになります。一方イベントなどで比較的短い期間の滞在であれば、短期就労の種類を取得する必要があります。また香港法人で株主として事業を実施したいと考えている場合には、投資ビザを取得しましょう。この際には、事業内容や個人資産の開示などの資料を提示する必要があるので準備が必要です。

広告募集中