取得することのメリット

パスポート

香港を訪れる場合には、ビザが必要になることがあります。日本人が香港に観光などの目的で訪れる場合には、一定期間ビザを取得しなくても現地に滞在できるようになっていて、短期の旅行などの場合には取得する必要がありません。ですが、長期間、現地に滞在したり、現地で働くことを希望したりする場合には、あらかじめ取得しておく必要があります。香港のビザを取得することのメリットとしてあげられるのが、90日以上現地に滞在できるようになることです。日本人の場合には3カ月間査証が免除されるので、この期間の間だけならばビザなしでも過ごせますが、取得すれば90日を超えても現地に滞在し続けることが可能になります。香港で各種の活動がしやすくなることも査証を取得するメリットになっていて、取得すれば現地の企業で働くことができます。

申請をする前に確認しておいた方が良いこと

女の人

香港のビザを取得するためには、事前に申し込みをする必要があります。香港を訪れる人全てにビザが必要なわけではなく、ビザを取得しなければいけないのは一定の要件に当てはまる人です。そのために、申し込みをする前に自分が要件に当てはまるかどうか確認しておく必要があります。基本的には外国籍の人が香港を訪れる際にビザの取得が必要になり、留学や研修を目的として現地を訪れる場合にも、あらかじめ取得が必要になります。就業や定住のために香港を訪れる人もビザを取得しておく必要があり、その他に展示や演出などの目的で訪れる人も取得が必要です。申し込みをするためには、決められた査証の発券条件を全て満たしている必要があります。

申請のために必要な手続き

パスポート

香港のビザを取得するためにあらかじめ準備しておかなければいけないのは、パスポートを取得することです。旅券を所有していない人には査証は発行されないために、まず旅券の発行を申し込む必要があります。パスポートをすでに持っている人でも有効期限が切れている場合には、査証を発行してもらえないので、有効期限が切れている場合には手続きを済ませて、旅券を有効に使用できるようにしておきます。申し込みをする際には書類の提出が必要になりますが、パスポートのコピーの他に証明用の写真も一緒に添付する必要があります。ビザの申請書に必要な事項を記載して提出する必要もあり、就労ビザを取得するためには卒業証明書も必要です。その他に経歴書などの書類も一緒に提出することが求められています。必要な書類を全てそろえたら、香港にある移民局で申請の手続きをすることになりますが、現地で法人を運営している企業で働いている人ならば、現地の法人に書類を郵送して、申請を代行してもらうことも可能です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中